散歩で撮ろう-18

梅雨が明けそうな曇り日久しぶりに「トンモリ谷戸」に散歩。
地域の子供達の体験稲田の稲がだいぶ大きくしっかりと育つてきた、秋の取り入れ体験が楽しみだろう。
IMG_1103.JPG

散歩で撮ろう-17(ピンクの花)

梅雨がなかなか明けない、天気予報では8月になりそうだ。
散歩の途中空き地で見かけたピンクのユリ科の花「夏水仙」(ナツズイセン)雑草が生い茂って近づけないが梅雨空に清楚な花を見つけた。
_MG_2328.jpg

散歩で撮ろうー16(雨降り花)

今年の梅雨は長い、そして雨量が多い、うんざりしているところだが来週あたり梅雨明けか?。
今日、散歩の途中で見かけた花は「ヒルガオ」古来から我が国にある花で朝咲いて夜しぼむからだそうで朝顔に対抗してこの名前が付いた言う説もある。ヒルガオは万葉集で「容」の字を当てて「容花」(ようか)と言われていたそうで地方では「おこり花」「かみなり花」「てんき花」「雨降り花」などと言われているそうで雨降りにつきものの花であるようだ。
花言葉は「絆」「優しい愛情」「情事」「友達のよしみ」などで木や草にしっかり絡むツルが意味を表しているようだ。
R0010588.jpg

家で撮ろう-10

先日のブログで森林公園のヤブミョウガの花を載せたが我が家のヤブミョウガも咲き出した。
庭の片隅で手入れもしていないが健気に咲いてくれた。
_MG_2306.JPG

散歩で撮ろう-15(秋の七草)

よく行く散歩コース森林公園には野草などの花畑が造られている。
あまり手入れが良いとは言えないがそれでも季節になるとそれぞれの花が咲く。
季節的には疑問だが秋の七草「女郎花」(オミナエシ)と「桔梗」が咲いていた。
IMG_0997.JPG
IMG_1003.JPG

散歩で撮ろうー14(夏の花)

梅雨の最後?の大雨が続く中、雨が止んだ間隙を縫って森林公園に散歩夏の花々が咲いていた。
此処では今の季節必ず咲くヤマユリが今年も篠竹の間で咲いていた。
IMG_1060.JPG
シモツケも紫陽花に似て目立つ花だ。
シモツケ.JPG
この公園で今たくさん咲いているのはヤブミョウガ
IMG_1032.JPG
森林公園は自然を活かした公園で木々の案内板も少なく花の名前など後で調べる楽しみも?。

家で撮ろう-9

コロナ陽性者が多くなり外出自粛制限が発令されるのではなどと騒がれたり、大雨で洪水になったりと悪いニュースばかり、梅雨空が続く毎日散歩もままならない、こんな時は家の中で撮影をしょう。
私は古いカメラのコレクションは興味が無いが一応数台の飾りだけで実際の撮影はしないカメラや、以前使っていたカメラがある、その中で1954年ごろ製造のドイツフォクトレンダー社製の「VITO B」(ビトーB)が1台ある。
60年以上前のカメラだがメッキも革もしっかりとしていて多分フィルムを入れれば動くのではないかと思っている、このカメラ距離メモリは付いているが実際には目測でピント合わせをするファインダーはついているが目安に過ぎない。
レンズは50mmf3.5の標準レンズ露出計も付いていない完全手動式、フイルム枚数換算窓に出る数字も正面から見ると逆で上からカメラを俯瞰して正常に見えるなどドイツの工作が生きた特徴ある一台。
当時の革ケースも付いているので一緒に撮影してみた、自分の大切な小物?を家で撮影してみたら。
_MG_2291.jpg

散歩で撮ろう-13

日本の各地で大雨による被害が多発している、毎年、梅雨の終わりになると大雨が続くが今年は被害甚大で雨の量が経験のないような降り方のようだ。
公園や道路の端を彩ってくれていた紫陽花も終わりに近く色褪せてきている。
_IMP0647.jpg

地元で写真展示

昨年入会させていただいた「宮前区文化協会」の会員としての初仕事として川崎市宮前区役所ロビーに作品を2点展示させていただきました。
初仕事としての予定は6月5日〜9日まで区民館ギャラリーでの展示部会研究発表会でしたが新型コロナの自粛要請で中止となり区役所ロビーの文化協会スペースのショーケースでの展示が初仕事となりました、期間は7月1日〜8月31日までの真夏の展示なので「ダリア」の花2点にしました、お時間と区役所に用事のある方は覗いてみてください。
Dahlia.jpg