青森のおいしい山菜

近所の方から出身地青森の山菜を沢山戴いた。
画像
写真、右の「ホンナ(ヨブスマソウ)」はお浸しにした、三つ葉の様な 香りと食感。 左の「タラノメ」、真ん中上の「シドケ(モミジガサ)」、真ん中下の 「コシアブラ」は天ぷらにした、青森の山菜は何れも柔らかく美味しい ものばかり、堪能した。

暖冬?

12月の初めにいただいた「ハヤトウリ」が室内で根と芽がでて来た。 室内とは言えやはり暖冬のせいだろうか。
画像

野菜や果物「色 彩々」

何十年も前に仕事をさせて戴いたデザイナーの真栄田 善克さんの 絵画展「色 彩々」に伺った、以前から身じかな素材(野菜や果物)を 白のキャンバスに絵の具で立体的に表現した、写真では表せない絵を 書いて何度も作品展を開催している方で、私の写真と相通じる表現を している方だ。
画像
9月24日~30日 11:00~19:00 自由が丘 もみの木画廊(世田谷区奥沢6-33-14 03-3705-6511) そして、展覧会の片隅に真栄田さんの友人から贈られた「笠間のアケビ」 が飾られていたので撮影させていただいた、。
画像

すだちの出番

朝晩がだいぶ涼しくなって秋が近づいてきた。 これからは食べ物のおいしい季節、特に「秋刀魚」や「戻り鰹」の魚、 「松茸」や鍋物類には「すだち」が味を格上げしてくれる。 庭のすだちもこれから出番が増えてくる。
画像

再びブルーベリーの収穫

8月2日真夏の暑い時期に清水農園でブルーベリーを収穫させていただ いたが、3週間が過ぎてもまだ収穫できるとの事で収穫に行って来た。 前回よりも熟した実も多く、雀等の鳥のつついた後等あったが本日も 大収穫だった。
画像
大きさもバラバラだが選べば一円玉くらいの大きさのものもあった。
画像

ゴーヤも収穫

先日のミニトマトと同じ日に植えたゴーヤも収穫できた、やはり3ヶ月 掛からないと作物は収穫できないらしい。 収穫できたゴーヤは長さ15cm,太さ10cm程の大きさ。
画像

アップルゴーヤ

久しぶりにS農園にお手伝い、あまり暑くなかったので少しは楽だった。 畑も夏野菜も終わりに近づいていたが、カボチャ類はまだまだ収穫 出来そうだ。 白い「アップルゴーヤ」も、初めて見るゴーヤの形だ、癖があまり無い そうで、生でサラダ等に使えるそうだ、戴いたので、近々試して観よう と思っている。
画像
画像
 

最高の収穫

今年は、庭の「すだち」がたくさん実を付けた。少し黄色くなって 来たので、ぜんぶ収穫したらその数52個,いままで何個か穫っている ので60個位に成る、今までで最高の収穫だ。
画像

恐竜の新種族?

日除けのゴーヤの実が葉に隠れて黄色くなり、種が赤くなった。 一見恐竜の顔の様だ。
画像

ゴーヤのキムチ、チャンプル

日除けのゴーヤの実がまだ出来ている、シンプルなチャンプルに飽きて オリジナルチャンプル?を考えた、「ゴーヤのキムチ チャンプル」だ。 考えてみたら豚キムチにゴーヤを入れただけかな?。 それでも、キムチの味でゴーヤの苦みが和らいで美味しく戴けた。
画像

無花果

無花果(いちじく)が、だいぶ出回っている、昔から有る果実だが 日本ではほとんど生で食べるか、ケーキ等に使うくらいだが、欧米 ではドライにしたりして料理や菓子に使う事も多い。
画像

ゴーヤの・・・。

昨日のジメッとした曇天に変わり湿気の少ない晴れの朝、若葉も輝いて いた、まだ頑張っている夏の強い光だ。
画像
日除けゴーヤの料理を考えていたら、家族から提案「ゴーヤのかき揚げ」 ゴーヤを半分に切って綿を取り、薄切りにしてちくわと紅ショウガを入 れてかき揚げに、先日の旅行で買った「珠洲の塩」で美味しく食べた。 写真では大皿に盛りつけたが、10cm位の円形だ。(10個位の盛りつけ)
画像

生命力

一ヶ月程前に「アボカド」の種を水耕栽培してみた。 まず、白い根が出て、上部から種を割るように芽がでて、現在18cm 位まで育った、そろそろ土に植えなければならない時期かも。
画像
画像

PENTAX Q7で旅の思いで(市場)

先週、金沢の市場で目にした海産物や、野菜を「PENTAX Q7」でメモ 所変われば・・・。(詳しくは8月7日、8日のブログで) まずは地元、七尾の岩ガキ、生イクラ、珍しい甘エビの塩辛。
画像
画像
画像
そして野菜、加賀太キューリ、金時草(きんじそう、沖縄ではハンダマ) 赤ズイキ(八頭の茎)
画像
画像
画像
りっぱなスイカは座布団つき。
画像

ゴーヤのサラダ

夏の日除けに植えたゴーヤがだいぶ実を付けている。 この所の激暑に負けぬよう「ゴーヤのサラダ」を作った、苦めだが 体に良い様な気がする。
画像

1463.4Km-2

3日目は右側の海を見ながら輪島へ、途中「すず」塩田(揚げ浜式)の 工場で開店前の店に寄り塩を買い、約一時間で輪島の朝市到着。 素朴なオカーさん?たちが自分で作ったり、加工したものを売ったりし ているが、中には商売人?も、地元に根ずいた市と言う感じがした。
画像
画像
多少の買い物をして今夜の宿、じつはまだ決めていなかったが、温泉に 行きたいとの事。 相談の結果、帰り道の途中下車、雪の無い野沢温泉村に決定、 のと里山海道から北陸自動車道に入る事に、そして途中寄り道は 千里浜なぎさドライブウェイ、日本で唯一、車で走る事ができる砂浜 8Kmの長さがある。
画像
画像
北陸自動車から上越JCT、上信越自動車道を経由、「豊田飯山」ICから 一般道で野沢温泉へ。 野沢温泉村に入って一番に飛び込んだのは観光案内所、オフシーズン なので温泉つきの民宿がすぐ手配できたが、5時なので夜食無し、朝食 付きの民宿、すぐにお風呂、大きな浴槽、たっぷりの湯量泊まり客が 少なく、静かな部屋も気に入った。 夜食は近くの洋食屋さんで「白ネギのピザ」と「野沢菜キムチと温泉卵 ベーコンのピザ」をチョイス、特に「野沢菜・・」はピリ辛味で、温泉 卵を崩して、ピザに載せる地元ならではの逸品。
画像
画像
ピザに合わせた飲み物は地元の特産「蕪焼酎」野沢菜の根元の蕪で作ら れた焼酎、蕪の匂いか日向臭い感じだ。
画像
翌朝、食事のあとで温泉街を散策、温泉源は13も在るがその中の 「大湯」の建物、中は浴場になっている。
画像
公園を彩る植木鉢も特製?、使い古したスキー靴だった。
画像
野沢温泉村を出発、上信越自動車道佐久ICで又々途中下車して昼食、 軽井沢の美味しい蕎麦や「源水」で何時もの「山菜おろしそば」を、 ここの山菜は、春、山に入って一年分を塩漬けした物、細切りのそば との相性は抜群で美味しい。
画像
碓氷軽井沢ICから再び上信越自動車道で帰路に、四日間の走行距離 1463.4Km良く走った。 写真は全てPENTAX Q7で撮影

群馬のトマト

SP90mm(Model F004)特別企画/料理写真家 山本弘之氏による 「タムロン新マクロレンズで撮る、山本弘之の美味しい世界」を公開 http://www.tamron.co.jp/http://www.tamron.co.jp/ 以前私も扱っていた群馬の有機農法トマトを注文してみた。 やはり味も深いし、美味しい。
画像

今年の初収穫

SP90mm(Model F004)特別企画/料理写真家 山本弘之氏による 「タムロン新マクロレンズで撮る、山本弘之の美味しい世界」を公開 http://www.tamron.co.jp/http://www.tamron.co.jp/ 日除けのために植えたゴーヤがやっと食べられる状態になって、初めて の収穫、これからもどんどん収穫できそうだ。
画像

日除け

SP90mm(Model F004)特別企画/料理写真家 山本弘之氏による 「タムロン新マクロレンズで撮る、山本弘之の美味しい世界」を公開 http://www.tamron.co.jp/http://www.tamron.co.jp/ 夏のひざひを和らげる為に窓際に植えた「ゴーヤ」がやっと実を 付け始めた、まだ5cm程だが、実の付いた花芽が有るのでこれから どんどん実が成ってくるだろう。
画像

緑の長なすの料理

SP90mm(Model F004)特別企画/料理写真家 山本弘之氏による 「タムロン新マクロレンズで撮る、山本弘之の美味しい世界」を公開 http://www.tamron.co.jp/http://www.tamron.co.jp/ 昨日S農園から戴いてきた長なす3種類、ムラサキ、緑、白など。
画像
緑の長なすを油炒め、薬味に生姜醤油で戴いた、やっぱりなすは 油と相性が良い。 
画像

つまみに最適

SP90mm(Model F004)特別企画/料理写真家 山本弘之氏による 「タムロン新マクロレンズで撮る、山本弘之の美味しい世界」を公開 http://www.tamron.co.jp/ 6月9日にS農園に行って、お土産にいただいた、らっきょ位の 「エシャレット」先週はオーソドックスに味噌で、今週は少し料理して、 0.5mmくらいの薄切りにして、ふじっ子の「おいしい塩こんぶ」と合え て、「つまみ」に、簡単なので「エシャレット」を見かけたら・・・。 ふじっ子の「おいしい塩こんぶ」を使ったおつまみ料理は、タマネギの 千切りに合えても簡単な、おつまみになる事請け合いです。 ちなみに、フジッコ株式会社の仕事はしておりません。
画像

食べられる?

昨年の冬に蒔いた [絹さやえんどう]がやっと70cm位まで伸びて花が 咲き始めた、これからは 実が付き始め、そして食べられる。 料理の主役にはなれないが、脇役として彩りを添えてくれる事だろう。
画像
            

寒い夜はやっぱり・・・。

Kitchen-RICOH GXR-写真展 8月HCLフォトギャラリー新宿御苑で開催した写真展ですが再び展示 します。 12月13日から25日まで八王子、ギャラリー・ヤスタケ 11:00am~6:00pm(水休み) http://www.gallery-and-gardencafe-yasutake.com/ 1Fのカフェでは、ウェジウットのカップで美味しいコーヒーが飲めます。
画像
(画像をクリックすると大きな画像で見る事が出来ます) 私の在廊は12月13日(木)、15日(土)、22日(土)、25日(火) の午後2:00ごろからおりますのでお時間を調整してお出かけください。 この冬一番の寒さだった夜は、やはり「鍋」皆のリクエストは?。
画像
「しお鍋」塩だけの味だが素材の旨味が解るさっぱりした鍋だ。 各自で器に取り、スダチや、ゆず胡椒など好みでたべる、あったまるョ。

青いトマトのピクルス完成

Kitchen-RICOH GXR-写真展 8月HCLフォトギャラリー新宿御苑で開催した写真展ですが再び展示 します。 12月13日から25日まで八王子、ギャラリー・ヤスタケ 11:00am~6:00pm(水休み) http://www.gallery-and-gardencafe-yasutake.com/ 1Fのカフェでは、ウェジウットのカップで美味しいコーヒーが飲めます。
画像
(画像をクリックすると大きな画像で見る事が出来ます) 私の在廊は12月13日(木)、15日(土)、22日(土)、25日(火) の午後2:00ごろからおりますのでお時間を調整してお出かけください。 11月23日に漬け込んだ青いトマトのピクルスを夜食のカレーの薬味 に出してみた、漬け込んだときのシャキシャキ感が残って美味しく出来た。
画像
色は美味しくなさそうな、色だが・・・。 でも、漬けたときはこんな色だったよ。
画像

正月の餅つきには早いけれど

Kitchen-RICOH GXR-写真展 8月HCLフォトギャラリー新宿御苑で開催した写真展ですが再び展示 します。 12月13日から25日まで八王子、ギャラリー・ヤスタケ 11:00am~6:00pm(水休み) 1Fのカフェでは、ウェジウットのカップで美味しいコーヒーが飲めます。
画像
(画像をクリックすると大きな画像で見る事が出来ます) 近所の町内会で秋祭り、公園にバザーやお店ができて、野菜や花の苗 等が販売され、町内会の餅つきも、もちろん販売。 そして一角のテントの中で地元の絵画クラブ、写真クラブの作品の展示 も、写真クラブは私もお手伝いしているので。 うるさいイベントは無いのでいたって静か、近くの農家が野菜の直売 をしていたので、何種類か購入した。
画像

青いトマトの料理法その2

先日のブログで、「青いトマトの料理法」を公開したが、その第二弾 「青トマトの味噌炒め」青いトマトをざく切りして炒め、味噌を入れて さらに炒めて、溶き卵で合える料理だ、トマトの酸っぱさが少し 残っていたが、溶き卵でまろやかな爽やかさになった、美味しく出来た。
画像
もう一品は「青トマトのピクルス」味は約一ヶ月後、乞うご期待。 小さめの櫛形に切った青トマトを塩水に3時間漬け、水気を切る。
画像
ピクルス液を作って良く合える。
画像
煮沸消毒した保存瓶に漬け込む。
画像

チャルモコスミダ

冷え込みが厳しく風も北風、こんな夜はやはり鍋、最近我が家で流行 の鍋?は「本場韓国キムチチゲ」最近流行の市販の「ナンチャラ鍋の素」 なんてゼッ~タイ使わないもんね。 それでは「我が家流キムチチゲ」コウカイスルニダ。
画像
野菜や茸が沢山入ったアルツハイマー予防に最適のカプサイシンいっぱい 体が健康にナルニダョ~。 その他、豚肉、あぶらあげ(豆腐)もちろん白菜キムチもニダ。 (ニカ=ですか?、ニダ=です) 最後の〆は、なぜか冷凍讃岐うどんになったニカ、・・チャンチャン。 すべて食べて終えて「チャルモコスミ二ダ」(美味しかった)

青いトマトの料理法

先週S農園でのお手伝いでトマトの木を片ずけた時に未熟の青い(緑) のトマトを戴いてきた。 月曜日にピクルスにしてみた、青いトマトを適当に切って、スライス したタマネギと塩漬けにして水気を絞り、酢とカレー粉で漬ける。
画像
一週間たって開けて試食したが、トマトの青臭さが少し残ったが中々 の味だ。
画像

食べられる

庭の片隅で咲いている「つわぶき」葉や、軸は天ぷら等で食べられる そうだが、花は今満開なのだ。
画像

黒いけれど

昨日揃えてもらった野菜の中に三浦の野菜で黒い大根があった。 長い普通の大根と違い、デンプン質の様だ。 薄く切って葉っぱと一緒に塩漬けの即席漬けにしてみた、少し堅かったが 歯ごたえが良く素材の良さが美味しかった。
画像