今週の暑気払い

今週は友人同士8名の気の置けない暑気払い会、場所は新富町 焼鳥「鳥好」昔ながらのしもた屋、老夫婦の焼鳥やさんだが、清潔感 のある店だ。 突き出しは、小皿のお新香と大根おろしに卵の黄身。
画像
まずは、レバー
画像
合鴨、ネギマ
画像
画像
今日の飲み物は、土佐の「海援隊」35度の米焼酎。
画像
お新香は、自家製のぬかずけ
画像
そして、手羽先、砂肝
画像
画像
〆は鳥スープ
画像
勿論鶏肉は吟味され、焼き方も、みごとで、おいしい焼鳥を堪能した。

居酒屋「たつみ」で暑気払い

下高井戸の居酒屋「たつみ」での暑気払い会に誘っていただいた。 初めて伺ったが大きなお店だ、外観では居酒屋とは思えぬモダンな店。
画像
名物料理の数々、刺身5点盛り、そして海鮮サラダ。
画像
画像
鰯を丸ごと「鰯の梅揚げ」も美味しい。
画像
「お祭り納豆」に「??そば」
画像
画像
〆は名物の「揚げたいやき」
画像
夏以外に店頭販売の「たいやき」も名物だそうだ。 美味しい暑気払いだった。

「私の仕事」

JPS2014新入会員展「私の仕事」に伺った。 プロの写真家協会としては広告写真家協会もあるがプロ集団としては 2分される協会で、今年は大物新人が沢山入られた。 写真展の詳細はhttp://www.jps.gr.jp/events/newface/outline.php そして、大物新人の中にチビッコが・・・、「小澤太一」さん。 ライフワークのアフリカのチビッコの写真が2点展示されていた。
画像

Lavandulaのかほり

昨夕、ラベンダーの花摘みに行ってきた方がわざわざ届けてくださった。 新聞紙に広げたら凄い良い香り。 良く乾燥させてから布袋に入れて、匂い袋に、鎮静作用が強いそうだ。
画像

梅雨時の好きな花

毎年、梅雨のこの季節に咲く好きな花「ニッコウキスゲ」が咲いた。 咲き始めには珍しく2輪の開花だった。
画像

気まぐれの天気

雨はあまり降らない、との予報だったが日中は結構降った。 そんな中写真展を3ヶ所程まわった。 冨士フォトサロン新宿で今日から開催の、山田久美夫作品展 「Flower Portraito」色々のカメラとレンズを駆使しての花のポート レイト、展示されている写真全てが横位置の作品展だ。 7月3日まで(10:00~18:00)
画像
次は、TOTEM POLE PHOTO GALLERY で開催の、大久保恵写真展 「冬の終わりはいつも憂鬱Ⅱ」フイルムカメラで撮影した白黒作品展 7月6日まで(12:00~19:00) 最後は、オープニングパーティもあるポートレイトギャラリーで開催 の平林達也、種清 豊、酒井梨恵 写真展「トリプレットの会」 古いカメラの3枚レンズのカメラで撮影した白黒写真の写真展 7月2日まで(10:00~18:00) 詳しくはトンボさんの日記でhttp://www.tombo-tanaka.com/diary1406_2.html パーティの2次会までおつき合させていただいた。
画像
種清 豊、酒井梨恵夫妻お疲れさま・・・。

熟梅

庭のしだれ梅が今年は沢山実を付けた、そして、熟してきた。 聞いた所によると花を観賞する梅は梅酒や、梅干しには向かないとの 事なので木に実ったまま放置しておいたが、熟してきて自然に落ちて 来た、でも匂いは凄く良い。
画像

スパルタ

渋谷ギャラリー・ルデコで今日から開催の「スパルタ33~江ノ島・ 鎌倉 365~」写真展に伺った。 主催は雑誌「GANREF」顧問は小澤太一さん(熱血講師)
画像
33名の参加者が1年間通いつめた力作が、一人4点の組み写真で発表 されている、15日まで。 詳しくはhttp://ameblo.jp/kozawataichi/

蕎麦の名店

となり駅の駅前にある蕎麦の名店「よしみや」で昼食、噂は聞いて いたが、初めて入った。 「せいろ」(もり)¥600.- そばつゆは少し濃いめだった。
画像
一緒に行った方から勧められて「桜えび小天丼」¥750.-も注文 こちらも味が少し濃いめだが私は好きな味だ。
画像
先に蕎麦が来て、食べ終わってから天丼が来る、これが良かった。

眼仁奈とBELUGA

一昨日友人のヤクシ邸へバーベキューにいって来た。 まずは、ヤクシさんの友人が三宅島で釣った眼仁奈 (メジナ)の刺身、 じつは出刃包丁と刺身包丁は持参(もし警官に職質されたら刀剣類 不法所持の現行犯もの)、で捌いた、半身は皮目を炙って皮付きに、 滅多に食べられない魚だ。
画像
先日までソチ五輪の写真展をモスクアで開催していたのでお土産の BELUGA(チョウザメ)の卵キャビア。
画像
お酒もBELUGA印のウオッカを冷凍庫に入れてキンキンに冷やしたもの 瓶に付いているチョウザメの絵は銀製を浮き彫りされた物。
画像
珍しい物をごちそうさまでした。

SOCHI

ロシア、ソチで開催された今年のオリンピックの報道写真展、 「熱く、そして美しく」アーサー・ティル薬師洋行写真展(オリンパス ギャラリー東京)が、昨日から始まった。 流石スポーツ写真の大御所、選手の競技や、表情等が見事な写真に。 オープニングパーティーに参加させていただいた。
画像
沢山のお客さんがお祝に来ていた。
画像
詳しくは、トンボさんの日記で。 http://www.tombo-tanaka.com/diary1403_2.html

やきすみ

近所のカネコさんから釣り魚を戴いた、今回は目鯛(50cm)2匹と 黒ムツ、やきすみ、各1匹、今日は黒ムツとやきすみの刺身。 やきすみは今回初めて見た魚だが,刺身にすると結構アブラが乗って 美味しかった、やきすみは相模湾で釣れる魚の様だが、変な所に骨が 付いた魚だった。
画像
頭が左向きは「目鯛」右向き上は「黒ムツ」下が「やきすみ」
画像
上2列は「黒ムツ」下は「やきすみ」

写真展

ポカポカな陽気の一日、都内の写真展に出かけた。 まずは新宿、写真学校の後輩の卒業写真展の審査、そして、色々の 写真展を観て移動、銀座でも4カ所程、15ヶ所の写真展を観て最終は 神田、オリンパスギャラリーで開催の清水哲郎さんの「BURGED」の 写真展に、さすが、モンゴルを永年取材している清水さんの真骨頂を モノクロで表現、見応えのある写真展を最後に観て満足の一日。
画像

隼人ウリの炒め物

先月、S農園で戴いた「ハヤトウリ」を炒め料理にした。 アメリカ大陸原産で,日本には鹿児島で最初に栽培されたので 隼人の瓜で,その名前になったそうな、色が白いものは以前お目に かかったが、緑色は初めて。
画像
そして、薄切りにして豚肉,エリンギと中華風炒めにしてみた、食感が シャキシャキして、美味しく戴いた。
画像

新年の美味しい酒

我が家では正月の酒は日本酒でなく「焼酎」今年は特別に戴いた焼酎も。 まずは、青森田子町(たっこ)のにんにく焼酎「どでん」製造は宮崎市 の酒造だ、たっこ出身の方から戴いた。 けっこうにんにくの匂いが残っている。
画像
そして、徳之島の黒糖焼酎「奄美」30度、黒糖の甘みが残った逸品。 こちらも戴いた方の父親の出身地から送られたそうだ、両方とも地元 特製のレアものだ。
画像

ほるもんクリスマス

クリスマスの夜、孫のいる「二人じいじのクリスマス」をした。 友人のハラダさんと場所はわが町の駅前、七輪ホルモン焼きの 「鉄の四」昭和生まれのお好みは、ホルモンたっぷりの七輪焼き。
画像
私としては一年ぶりくらいだが店長は以前からののお兄さんが 暖かく迎えてくれた。
画像
メニューを見ると相変わらずリーズナブル
画像
勿論ホルモン焼き各種いただきました。
画像
バランスで野菜焼きもちゃんと注文した。
画像

鯛は刺身で

近所のカネコさんから三浦で釣った鯛を戴いた、大きさは30cm。
画像
鯛はやはり”刺身でしょ”と言う事で、今日は湯引きの刺し身。
画像
皮はこりこり,身は柔らかくてほんのり甘く最高の味ごちそうさまでした。

北海道の美味しい贈り物

毎年昆布をお願いしている漁師さんから「新巻鮭」をいただいた。 全長57cm立派な鮭だ。
画像
生鮭と違ってモッチリした身ごたえ頭を落として二枚におろし後は 切り身にして保存。 今日は、かまや、切り身を焼いてみた、塩辛くなくて美味しい。
画像
小分けにしたので、とうぶん楽しめそうだ。

73歳&64歳の結婚式

40年以上公私ともにお世話になった方が、今日再婚の結婚式と披露宴を 挙行された、新郎73歳、新婦64歳あぜんとしたが、その勇気が立派だ。 新郎がクリスチャンなのでその様な成り行きになったと思われるが、 素朴な町の教会での結婚式、素敵だった。
画像
そして、イタリアンレストランに移動しての披露宴も、近親者だけの ほのぼのとした物で、和気あいあいの良い宴だった。
画像

いなだ

ご近所のカネコさんから又々釣り魚「いなだ」を戴いた。 全長50cm位だが鰤の幼魚,刺身にして先日収穫したスダチを絞って 「スダチ醤油」で美味しく戴いた。
画像

本マグロはやはり美味しい

年に2回のヤクシ亭のバーベQ、定番の焼鳥や,カルビ、そしてサザエ。
画像
目玉は本マグロの中トロ、調理は切るだけだが、美味しさは最高。
画像

美女とオオカミ

エプソンイメージングギャラリーエプサイトで開催の鶴巻育子写真展 「東京 オオカミの山」に伺った。 御岳山のオオカミ信仰を一年半に30数回にわたつて取材したドキュメ ント、美女の鶴巻さんとは少し結びつかないがオオカミの霊が・・・。 今後も取材して写真集の大作に成れば良いのだけれど。 伺った時に在廊していた藤田一咲さんと。
画像

Hikari

品川のキヤノン、オープンギャラリーで開催中のキヤノンフォトクラブ 東京INFINITY写真展「Hikari」に伺った。 発足して2年弱のクラブは熱気ムンムンの熱いグループだ、今回のテーマ 「Hikari」に30余名の作品のレベルは高い。 (写真展は10月9日~25日 10:00~17:30 日祭休み) 番頭さん?は、いや代表は菅原さん、顧問のタイチャン(小澤太一)も たじたじの熱血漢が会を引っ張っている(ひっぱたいているから?)
画像

レトロ~

石川卓さんの写真展「100パンダ」に伺った。 中国、臥竜のパンダ保護区で撮影されたパンダたちがいろいろな 仕草や,表情がかわいい。 ぎゃらりー「Knulp」開催は10月9日まで、11:00~19:00場所は http://gallery-knulp.biz/ 「谷根千」千駄木のよみせ通り、帰りにこんな昭和の匂いのする 場所での食事はいかが・・・。
画像

美味しく撮れる?

ハラダさんとランチに駅前のファミレスに行った、ランチの 「ハンバーグ・・・?」をPENTAX Q7で撮影してみた少々暗くても 何とか使えそうだ。
画像

無形文化遺産の島

曽根原 昇さんの写真展「エイレホンメ 白夜に過ぐ」ペンタックス フォーラムのオープニングパーティーに伺った。 ユネスコの無形文化遺産となったエストニア共和国のキフヌ島の生活 を撮影された写真だが、ゆっくりとした時間がうらやましい風景だ。 まずは、ペンタックスフォーラム所長佐々木さんの挨拶。 (侵入者は体重39kgたいちゃん)
画像
みまもる?ペンタックスフォーラム江上さん、オリンパス田中さん
画像
作者の曽根原 昇さん
画像
乾杯の挨拶は新美敬子さん
画像
詳しくはオリンパス田中さんのトンボ日記にも http://www.tombo-tanaka.com/diary1308_2.html

さすが

昨夕、釣り趣味のカネコさんから又また大きな魚を戴いた。 全長64cmの「ワラサ」だ、これから大きくなると、成魚「ぶり」に なる、当然まな板から完全にはみ出した。 そんな貴重なワラサを昨夜は、頭と内蔵を取り、頭はエラを取り冷凍に 身は冷蔵にしておいた。
画像
今朝取り出して三枚におろし、半身は冷凍保存、1/4のハラミは皮を 引いて昆布締めにしてみた。
画像
今夜のメインの刺身は「ワラサ」の刺し身
画像
写真の上は刺身、下二段は昆布締めだ、釣りたての魚はやはり美味しい。 庭の「すだち」を添えて、すだち醤油で戴き最高の満腹。 味もさることながら、釣り人も流石だ。

乗り切れるかな

中々涼しくなりません。 先日、酷暑見舞いにお酒をいただいた、京都(伏見)の限定だ、つまり 「くだり酒」、送ってくださった方の手紙に「これで夏を乗り切って」 と書かれておりましたが、いつ飲めば夏が乗り切れるのか、まだまだ この暑さは続きそうだぞ、「うぃ~
画像

後輩&39Kg

久しぶりに銀座にカメラの修理に、そして、後輩?の「門井 ゆりか」 さんの写真展の最終日に伺った、門井さんの写真は時間が”ゆったり” 流れる様な、題名どうり穏やかさが心地よい写真展。 そして、会場でばったり会ったのは、昨日まで地球の裏側にいた39Kg の「たいちゃん」小澤太一さん、真冬のアフリカで雪焼けで真っ黒、 まるで現地のチビッコだ。
画像
画像
一緒に昼食したが、丼の白米をお変わりしていた、やはり日本人なのだ。 そして、二週間の「たいちゃん」の日記は、人間として考えさせられる。 (ブログで)http://ameblo.jp/kozawataichi/ 現実のレソト(アフリカ)を写真を通して垣間みられる写真展も今後 に期待したいのですが。

二度揚げの唐揚げは美味しい

SP90mm(Model F004)特別企画/料理写真家 山本弘之氏による 「タムロン新マクロレンズで撮る、山本弘之の美味しい世界」を公開 http://www.tamron.co.jp/http://www.tamron.co.jp/ 先日、近所の友人カネコさんから自分で釣った「いさき」を戴いた、 12cm~18cm程のイサキを16日に沢山戴き、その日のうちに、鱗、 内蔵、えらを取って塩焼き、残りを冷凍しておいた。 そして今日唐揚げに、もちろん二度揚げ、でも中骨は流石にかたい。 初夏のイサキは流石に美味しかった。
画像
PENTAX Q7 絞り優先