地元で写真展示

昨年入会させていただいた「宮前区文化協会」の会員としての初仕事として川崎市宮前区役所ロビーに作品を2点展示させていただきました。
初仕事としての予定は6月5日〜9日まで区民館ギャラリーでの展示部会研究発表会でしたが新型コロナの自粛要請で中止となり区役所ロビーの文化協会スペースのショーケースでの展示が初仕事となりました、期間は7月1日〜8月31日までの真夏の展示なので「ダリア」の花2点にしました、お時間と区役所に用事のある方は覗いてみてください。
Dahlia.jpg

高尾山に行ってきた

コロナの終息祈願?で高尾山に行ってきた。
梅雨の合間を縫って電車で高尾山口に、行きはリフトで帰りはケーブルカーのコースだが高尾山はリフトを降りてからの行程が結構あり薬王院を過ぎて頂上までの徒歩はハードだった。
_MG_0857.JPG
眺望は梅雨の最中で望むべきもなく見晴らしは最低だったがコロナ自粛で遠出をしていなかったので気分転換の良い気晴らしとなった。
観光や登山の人も多く結構過密の場所もあり注意しての登山だった。
コースの中には野草などの夏の花もチラホラ、こちらは「竜の髭」の花
_MG_0847.JPG
山百合は登山鉄道の職員が植えたそうで大輪の花が満開。
_MG_0849.JPG

散歩で撮ろう-11

梅雨の真っ只中憂鬱な天気が続く、曇り日だが時折陽のさす中いつもの散歩コース「森林公園」へ、外出自粛が解除された事で公園の人出も多少増えたようだ。
公園は夏の野草の花が咲いてきた、「ヤブカンゾウ」の花は濃いオレンジ色。
_MG_2231.jpg
「ヒルザキツキミソウ」も花壇の中に群生していた。
_MG_2237.jpg
この時期の森林公園は近隣の幼稚園の遠足などで混み合うのだが今年は団体が少ない、まだ自粛しているところが多いのだろう。

写真を遊ぼう

梅雨の季節で曇り空が多くて散歩も中々出来ないがカメラの機能を使って遊んでみた。
カメラ機能の中のデジタルフイルターで思わぬ効果が得られた、一部の色を残して他の色をモノクロにする効果だ。
_IMP0568.jpg
_IMP0582.jpg
カメラについている機能やフイルターはメーカーや機種によってそれぞれ違うが自分に合ったフイルターなどの特殊効果がいつもと違う作品作りに役立ちます。
自分の持っているカメラの機能を使って遊んでみては。

家で撮ろう-8(雨の日)

外出自粛が少し緩和されて出かけるのが少し自由になった、でも梅雨の真っ只中雨の日や曇り空ばかり見ていたら憂鬱になり窓から見えた木の葉についた雨粒が綺麗だったので撮影。
_MG_0832.JPG
雨が小降りになったので庭に出て紫陽花を撮影。
_MG_2284.JPG
雨に濡れた木々や花、身近な風情を楽しみながらもう少し自粛します。

あじさい寺(モノクロ)

川崎市多摩区のあじさい寺(妙楽寺)に行ってきた。
何度か訪れている寺だがたくさんの紫陽花が咲くことで有名、手入れもよくそれぞれの種類が満開。
紫陽花は赤、紫、青色や額紫陽花もあるが今回はモノクロで撮影した。
_MG_2182.jpg
_MG_2204.jpg
_MG_2202.jpg

散歩で撮ろう-10(田んぼ)

散歩コースの飛森谷戸(とんもりやと)の田んぼでは6月6日に自然を守る会の主催で子供たちの田植え体験会が行われ稲がこのところの雨でスクスクと育っている。
IMG_0969_1.jpg
学校も平常授業にもどったのか午前中の公園は閑散として散歩の人がチラホラといった状態、紫陽花もあちらこちらに咲いているがムラサキツユクサもつゆに似合いの花。
IMG_0961_1.jpg