写真と墨絵の展覧会

写真と墨絵の展覧会を鑑賞して来た。
まずは、墨絵「走墨 増永広春展(命の鼓動)」30年来の友人の広春
さんの墨による、絵と文字で躍動感あふれる書道展、相変わらず精力的
に作品を制作、多数の受賞歴の有る方なのだが、気さくな人柄はいまも
変わらない。
小津ギャラリー 5/9~5/14
東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル(小津和紙)2F
10:00~18:00(最終日16:00まで)
画像
 
画像


写真の展覧会は「マグナム・ファースト日本展」1955年にオーストリア
で開催された写真展のオリジナル写真83点の展示。
ロバート・キャパ、アンリ・カルティエブレッソン、ワーナー・ビショフ、
マルク・リブー、エルンスト・ハースなどのオリジナルプリントは見応え
十分、特に写真家を目指している人や、モノクロプリントを極めたい方に
是非観てほしい写真展だ。
特に、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエブレッソン、エルンスト・
ハースの写真は私にとって初めて観る写真で感動だった。
ヒルサイドフォーラム(東京 代官山)4/23~5/15
東京都渋谷区猿楽町18-8
11:00~19:00(入場料¥1000)
画像

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック